純米酒

提供: あさざけwiki
移動: 案内, 検索

純米酒(じゅんまいしゅ)とは、「」「」「」で作られた日本酒のことである。 つまり醸造アルコールが入っていないお酒である。

[編集] 概要

{{#if:純米酒|}} {{#if:ジュンマイシュ|}} {{#if:米、米こうじ|}} {{#if:-|}} {{#if:15%以上|}} {{#if:香味、色沢が良好|}}
特定名称純米酒
ヨミガナジュンマイシュ
使用原料米、米こうじ
精米歩合-
こうじ米割合15%以上
備考香味、色沢が良好

純米酒の定義は国税庁告示の「清酒の製法品質表示基準」(平成15年10月31日に改定、平成16年1月1日から適用<ref>http://www.nta.go.jp/shiraberu/senmonjoho/sake/hyoji/seishu/gaiyo/02.htm</ref>)によって定められており、「」または「米麹」を原料とし、「こうじ米」の使用割合が15%以上、香味色沢が良好であるものとされている。また、純米酒は「清酒の製法品質表示基準」で規定されている他の清酒の表示とは異なり、精米歩合の規定がない。

「清酒の製法品質表示基準」自体は平成元年11月に定められ平成2年4月から適用されたものであり、平成15年の改定までは単純に精米歩合70%までの物と規定されていた。

このため現在では精米歩合が80%であっても醸造アルコールが入っていなければ純米酒となる。たとえば「白鶴酒造株式会社(はくつる)が醸造する「米だけのお酒」は、平成14年発売であったため当時は「清酒」であったが、現在では純米酒となっている。

[編集] 関連項目


[編集] 参考文献

不明な拡張機能タグ「references」です

{{#ifeq:|||{{#switch: 純米酒|Asazake:スタブ =|Asazake:スタブカテゴリ =|Template:Stub =}}}}