日本酒

提供: あさざけwiki
移動: 案内, 検索

日本酒(にほんしゅ)とは、を主な原料とする醸造酒である清酒(せいしゅ)のことである。日本特有の製法のお酒である。

目次

[編集] 概要

日本特有の製法のお酒としては大きく分けて「日本酒」「焼酎泡盛」「みりん」「合成清酒」があるとされる。

日本では酒類に酒税を課すため、酒税法が酒類に関する包括的な法律となっている。同法において「清酒」とは、次の要件を満たした酒類で、アルコール分が22度未満のものをいう(酒税法3条7号)。

  1. 米、米麹及び水を原料として発酵させて、こしたもの
  2. 米、米麹、水及び清酒かす、その他政令で定める物品を原料として発酵させて、こしたもの
  3. 清酒清酒かすを加えて、こしたもの

なお、同法の「清酒」(酒税法3条7号)のほか、清酒の風味を持つ酒である「合成清酒」(同条8号)や、どぶろくなど一部の「その他の醸造酒」(同条19号)も日本酒に含まれる。

米の表面の削り具合(精米歩合)や醸造アルコールの添加などで純米吟醸酒本醸造酒など名称も変わり、これらを特定名称酒という。

[編集] 日本酒の適量

体格・年齢・体調を含めて個人差があるので一概には言えないが「アルコール健康医学協会」によると一般的には「2合」。

一般的にいえば、2単位ぐらいのお酒(ビール中びん1本、日本酒1合、焼酎0.6合を各々1単位と呼ぶ)を限度とすることです。
このくらいの酒量だと個人差はあるものの、ほどよくお酒を楽しむことができるといわれています。

[編集] 関連項目

[編集] 参考文献

不明な拡張機能タグ「references」です

{{#ifeq:|||{{#switch: 日本酒|Asazake:スタブ =|Asazake:スタブカテゴリ =|Template:Stub =}}}}