日本三大酒処

日本三大酒処(ニホンサンダイサケドコロ)とは、兵庫・灘、京都・伏見、広島・西条の3つの地域のことである。

兵庫・灘

灘の水はミネラル分の多い硬水で「男酒(新酒の味わいが辛口の荒々しい舌触りになることから)」と呼ばれる。 灘の男酒、伏見の女酒と対比される。

京都・伏見

伏見の水は中硬水だが灘に比べると軟水になり「女酒(新酒が甘口で女性の肌のようになめらかな舌触り)」と呼ばれる。 灘の男酒、伏見の女酒と対比される。

広島・西条

灘・伏見と毛色が違う地域。 もともとは酒造りにあまり向いていないとされる軟水だが、明治時代に吟醸酒の産みの親である三浦仙三郎によって醸造法が発明。以降、酒処の一つとなっていく。

硬水・軟水

硬水はミネラルが多く、軟水はミネラルが少ない。このミネラルが酵母の栄養分となり醗酵速度に影響する。

硬水

ミネラルの多い硬水 酵母の栄養分が多いので、醗酵が速く進む そのため甘みの少ない辛口の酒になる

軟水

ミネラルの少ない硬水 酵母の栄養分が少ないので、醗酵が進みづらい そのため甘みを有する甘口の酒になる

関連項目

カテゴリ:四方山話