焼酎について

細かい部分は割愛してます。まずはなんとなくどういうモノかを分かるだけでいいと思う。

甲類、乙類

焼酎に甲類、乙類ってのがあるけどその違い。ものすごくざっくりとした説明です。

甲類

連続式蒸留機で蒸留した焼酎のこと。昔は「新式焼酎」とよばれていた

  • 連続式蒸留機(何度も蒸留する)
  • 味・香りにクセが無い

焼酎・甲類は何度も蒸留することによって雑味を無くしていき、素材の芯にあたる部分の味や香りが出るって感じ。
何度も蒸留するからこそ、雑味が無くなりクセの無い焼酎となり、また、何度も蒸留することにより、アルコール成分の種類が少なくなりアルコールを分解する肝臓の負担が減るというコトもあったりする。これは二日酔いしづらいってことに繋がる。
さらに焼酎・甲類は雑味が無くなりクセの無い焼酎なのでサワーや酎ハイ、果実酒などにも使いやすいお酒である。

乙類

単式蒸留機で蒸留した焼酎のこと。昔は「旧式焼酎」とよばれていた

  • 単式蒸留機(何度も蒸留しない)
  • 味・香りにクセがある

焼酎・乙類は何度も蒸留しないので、素材の香りや味を感じやすいお酒になる。

まとめ

素材の味や香りを出来る限り楽しむなら「焼酎・乙類」。
水やお湯以外でも割って呑みたい「焼酎・甲類」。

乙類だから果実酒には向いていないってワケじゃなく乙類の味や香りにさらに追加で果実を足すってのも楽しみ方の一つ。
ただ人によってはそういうのはいらないっていう人もいる。色々と試した上で「アリ・無し」を判断する人もいれば、試さずに「無し」と決め付ける人もいる。

「甲乙丙・・・」って順番にいうから「甲」が先で「乙」が後ってイメージがあって「甲」が昔からある焼酎、「乙」が後で出来た焼酎と思ったら違うらしい。

  • 甲類 - 後で出来た焼酎(連続式蒸留機・クセ無し)
  • 乙類 - 昔からある焼酎(単式蒸留機・クセあり)

混和焼酎

「焼酎・甲類」「焼酎・乙類」を混ぜた焼酎が「混和焼酎」になる。甲類・乙類の両方のいいどこ取りした感じになる。

甲類・乙類のどっちが多いのかで分類が微妙に異なってくる。

  • 甲類が50%以上 - 甲類乙類混和
  • 甲類が50%未満 - 乙類甲類混和

関連項目