2016/01/26

ビール造りに挑戦してみる5:瓶詰め

泡が消えたので次の工程にすすむ。
P_20160119_230630

仕込んでからの約4時間後の写真。微妙に泡がでている。
ホップなどの固形物が浮いていて・・・汚い。

P_20160120_120457

約28時間後の写真。かなり泡が出ている。
約38時間後にみると少し泡が減っておりアルコールのニオイが微妙に漂っている。
袋の口を開けてみたい衝動にかられるけど雑菌が入ると悲しいのでガマン。

7日目あたりに完全に泡が消えたので次の工程に進む。

作業工程

瓶詰めしたらあとは2週間~4週間程度放置。

  1. ブドウ糖を溶かす
  2. ビールに混ぜる
  3. 瓶詰めで終了

各工程の詳細

ブドウ糖を溶かす

ビールキットに同梱されていたブドウ糖をお湯で溶かして、さらに数分煮る。
※煮るのは消毒目的だそうだ。

ビールに混ぜる

sc_20160126193521

別の袋に溶かしたブドウ糖を入れて、ビールを入れる。
入れ終わったら混ぜる。

ブドウ糖を入れるのはイーストが炭酸にしてくれて、ビールに溶け込ませるためだそうだ。

この工程での失敗点・・・
失敗というか・・・ホップや仕込のときにいれた木屑みたいなのが大量に溜まっていて、それを拡散させてしまった。
チューブで移し変えようと高い場所に持ち上げようとした時に少しぶつけて・・・固形物たちが拡散。
何が失敗って固形物たちが結構な量でチューブで移し変えようとしても固形物が邪魔になる。
固形物ごと入れれば問題ないけど固形物を出来る限りいれないようにしたら・・・かなり少なくなった。
あと、ブドウ糖を混ぜる前に味見をするのを忘れていた。

瓶詰め

瓶に詰める。私の場合はペットボトルに詰める。

この工程での失敗点・・・
前の工程でも固形物を出来る限り入らないようにしたけど、それでもそれなりの量が入っている。
ペットボトルに移し変えるときに入らないようにしていったら・・・かなり少なくなった。

瓶詰めまでの工程における諸々

本来は4リットルのビールが出来上がるはず。
それが、ペットボトルに移し変えたらと約2.7リットルぐらいになってしまった。

移し変えるときはチューブを利用。
吸い込み口と注ぎ口の高さを利用して移しかえるっていうサイホン式ってヤツになるらしい。
問題は吸い込み口側。
どうしても底に吸い込み口がいってしまうので、固形物が大量に入っていく。

溶かしたブドウ糖にビールを入れるときにチューブの注ぎ口に目の細かいザルを入れて濾せばいいかもしれない。
そうすれば約2.7リットルぐらいじゃなくて、4リットルに近い量になってたはず。

現段階の感想は、初心者には不向きなビールキットだな。もしくは、勉強代として割り切れる人向けだな。

あとは、2週間~4週間程度放置して飲むだけだ。

ツイートツイート

「初めてのビール造り」の一覧