2012/10/17

猛毒魚食べないで 室蘭、苫小牧沖にソウシハギ

肴にしちゃいけない魚のニュース。釣り人は注意。

【室蘭】室蘭、苫小牧沖で今月初め、猛毒を持つ魚「ソウシハギ」計3匹が定置網にかかった。胆振総合振興局によると、北海道近海でソウシハギの漁獲が確認されたのは初めて。道は、釣りなどで捕った場合は食べないよう注意を呼び掛けている。

 ソウシハギはカワハギ科で主に関東以南に分布するとされる。内臓に、フグの毒の数十倍にあたる「パリトキシン」という猛毒を含むことがある。加熱しても分解されず、摂取すると激しい筋肉痛や呼吸困難を発症し、重篤な場合は死に至る場合もあるという。魚体の特徴は青い斑点や大きな尾びれ。<北海道新聞10月17日夕刊掲載>

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/412277.html

カワハギのキモを乗せた白身魚の刺身がおいしいんだよね。
でもこのソウシハギってヤツは天国に昇ってしまう味らしい。火を通してもダメって凶悪だね。

いずれ、どっかの地域で「河豚の卵巣の糠漬け」みたいな感じで毒を無効化するワザが開発されるんだろうね。

この「河豚の卵巣の糠漬け」ってヤツのフグの毒素を無毒化する仕組みが解明されていないらしいけど…スゴいね。未だに解明されていないのかなぁ?

ツイートツイート